風俗接待する前に!予算はどれくらい持っておけばいい?

あらかじめ風俗接待予算の把握をしておこう

企業の営業職に務めていると得意先などを接待する機会がある。
上手く接待することによって今後良好な関係が築けたり契約が取れたりするわけだ。

接待といえば一般的には飲み会やお食事会だったりゴルフ接待というものもある。
飲み会やゴルフ接待は会社から経費が下りるわけだが風俗接待は経費が出ない。

風俗の利用料やホテル代など実費で支払わなければならないのだ。
あらかじめ大体どれくらいの予算が必要なのか把握しておくといい。


気になる風俗接待に必要な予算

基本的に風俗接待する場合風俗を利用する前にまず飲み屋でお酒を交わすことだろう。
その飲み代に関しては当然会社から経費が下りるので予算に入れておく必要はない。

風俗接待で発生する費用としては風俗店のサービス利用料。
デリヘルなどを利用する場合はそれにホテル代がプラスされる。

料金設定は利用する風俗店やホテルによって異なる。
自腹だから使いすぎないようにしたいという人はあらかじめインターネットなどで予算内に納まるように店・ホテル選びをしておこう。


風俗は大体どれくらいの予算で利用できる?

風俗には格安店から高級店までさまざまなところがある。
あまりお金を使いたくないと言ってもあくまで接待だから格安店は選びづらい。
かと言って絶対に高級店じゃないとダメというわけではない。
あくまで接待相手の好みに合った店を選ぶことが大切だ。

一般的なデリヘルだと60分16,000~18,000円くらいが多い。
それを目安にして予算に余裕がありそうならもう少し高いところを選ぶのも良いだろう。

風俗店は高ければ良いというわけではないのでお店のリサーチは必須だ。


ホテルを利用するなら休憩代も頭に入れておこう

デリヘルを利用する場合ホテル利用料も頭に入れておかなければならない。
何分コースを選ぶのかによってホテルの利用料は異なってくる。

例えば60分コースならホテルも1時間の休憩代が発生することになる。
大体1時間だと2,000~3,000円で利用できるホテルがほとんどだ。
もちろん利用する地域やホテルによって安いところもあれば高いところもある。

予算としては最低でも20,000円。
余裕を持たせたいなら30,000~50,000円は用意しておくといいだろう。
これは相手1人だけの分なので自分の分もプラスで考えるのも忘れずに。